里山 猿毛岳

冬眠中の運動不足解消の為、加茂市の里山 猿毛岳を登ってきた。 加茂市猿毛地区 登山口 山頂は約40センチの積雪 山頂展望台から粟が岳の雄姿 山頂標識 猿毛小屋 暖かい薪ストーブ 誰がお連れしたか蝋梅が・・・ 下山に取りかかる
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナメコ・クリタケ

今年のナメコは不作かな…? それとも、まだ時期が早いのかな…? 今まで(昨年)生えていた木肌に幼菌すら見えない。 それでも、やっとの思いで見つけたナメコとクリタケ。・・・\(^▽^)/
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美瑛町の幻想的な青い池と立枯れの木

青い池は自然にできた池ではなく、 十勝岳の噴火から美瑛川を守るために、砂防工事で 水の流れを変えたために出来た「水たまり」だそうです。 この水たまりによって木が立ち枯れ 青い水面に神秘的に美しく映えると云われます。 ブルーリバーと呼ばれる美瑛川
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美瑛町は、富良野と並び、北海道を代表する観光地

目の前には、噴煙をあげ今なお活動を続ける十勝岳をはじめ2000m級の山々が 十勝岳望岳台から 噴煙上げる十勝岳 十勝の北側に美瑛岳 美瑛岳に連なる形の良い美瑛富士 更なる北に鎮座するオプタテシケ岳 「白ひげの滝」は、美瑛の白金温泉にあります。 十勝連峰の地下水が溶岩層の割れ目から、 白ひげのように美瑛川に流れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大雪山ふもとの層雲峡

層雲峡渓谷は石狩川両岸の断崖絶壁が続く美しくも迫力ある渓谷で、 秋の紅葉スポットとしても有名だ。 この崖を流れ落ちるいくつかの滝の中でも、もっとも美しいふたつの滝がある。 太い1本の滝となって力強く流れ落ちる「流星の滝」。 細く繊細な白糸のように流れ落ちる「銀河の滝」、 日本の滝百選にも入っている名瀑です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大雪山お鉢めぐりと雲の平 H27/9/22(祝)

北海道の屋根と云われる大雪山。 北海道の中央部に位置する大雪山国立公園。 大雪山とは一座の山の名称ではなく公園全体の総称である。 旭岳を始め、北鎮岳、黒岳、白雲岳、北海岳、間宮岳等の外輪山 に囲まれたお鉢平や雲の平は今、錦秋の真只中であった。 白いのは雪ではなく、白い苔 雲の平一面に広がる美味しいブルーベリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本で一番早い大雪山の紅葉 H27/9/21(祝)

大雪山の紅葉は日本で一番早いと言われる。 針葉樹の緑と広葉樹の朱色や黄色が重なった色彩は、まるで錦絵のようだ。 層雲峡からゴンドラとリフトで黒岳の7合目まで一気に登る。 ここは表大雪山の紅葉で既に初冠雪が観測されたと聞く。 草紅葉 錦絵の様な・・・ 九号目付近 寄り添う夫婦岩 黒岳山頂 山頂からの眺め …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

秩父 正丸峠から伊豆ヶ岳 H27/9/5(土)

椚平の秋海堂を見に行ったついでに、秩父の里山を一つ登ってきた。 旧正丸峠は天皇陛下ご夫妻が皇太子時代に訪れたと云う記念碑がある。 ここにて眺める秩父連山は、成程絵になる風景である。 ここより「関東ふれあいの道」と名付けられた良く整備された登山道を 約1時間、アット云う間に山頂へ到着。 絶景 秩父の山波 峠の茶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シュウカイドウ H27/9/5土

「秋海堂 西瓜の色に 咲きにけり」 松尾芭蕉 松尾芭蕉が句の中で季語として詠んだことでも知られる秋の花です。 江戸時代初期に日本に持ち込まれ、 園芸用の種はベコニアと呼ばれています。 大字椚平地内に自生しており、花期になると2-3cm程度の淡紅色 の可憐な花を咲かせます。  (シュウカイドウご案内のパンフより) …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

飯豊山 実川口登山ルート 27/8/8 土

このルートは二回目の挑戦である。 前回は阿賀町主催の登山会に参加したが、大雨であし沢の水量が増し 橋を架けられず中止となった。 この時はマイクロバスとマイカーで湯の島小屋まで特別に入れた。 今回、長ーい林道歩き3時間を短縮する為、レンタサイクルを使用。 登り1時間30分、下り40分と最大のネックの林道歩きはクリアした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白山 2015/7/29日

白い山と云う名を持つ山は        1.欧州にはモンブラン(モンは山、ブランは白)        2.ヒマラヤにダウラギリ(ダウラは白、ギリは山)        3、我が国の代表は、ずばりここ白山である。 第一回目は大白川ダムの露天風呂から大倉避難小屋一泊の大倉尾根コース 第二回目の今回は、最も一般的な砂防新道での山頂…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

本白根山 2015/6/20日

草津白根山の噴火活動で草津―志賀道路は夜間通行止め.。 昼間は通行は出来るが全線駐停車禁止。 天下の草津温泉には17箇所もの無料の共同浴場が在ると聞いた。 3箇所入って来ました(^v^) 思わず♪いい湯だな・・・♪ 本日より殺生河原からロープウェイが運転された。 3回目の登山なので今回は温泉とコマクサ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

雨飾山 2015/6/14日

雨飾荘の先の道路決壊補修工事が終了。本日より開通となった。 小谷温泉側から山頂を往復する、二度目の登山である。 登山口のキャンプ場に着いた時には、すでに30人程の団体さんが 準備運動をしていた。今日はここ長野県小谷温泉から新潟県側の梶山温泉へ縦走との事。 広河原湿地帯の木道の両側には水芭蕉。いくつかの雪渓を渡り荒…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

三国峠~平標~仙ノ倉山   2015/6/7日

昨年は三国山のニッコウキスゲを見て感動。 地理的に、ここが谷川岳への縦走路の起点であることが判明。 未踏の平標山の家まで往復しようと思い立ち出発。 三角山を経て平標と仙ノ倉の鞍部のお花畑まで足を伸ばした。 小ぶりながらもハクサンコザクラの紅とハクサンイチゲの白、それに キンポウゲの黄色と当に紅・白・黄色…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

石畳の道 黒沢峠   2015/5/31日

山形県小国町の越後米沢街道の黒沢峠は1.8kmに敷石が敷かれ、 その数は3,600段と言われている。 「これほど美しく価値ある街道は歴史の道百選の中でも唯一のもの」 と案内板に書かれていました。 おまけに駐車場からの帰り道、人家から約300m手前付近で熊と遭遇 これから入山される方は用心に越したことは無い、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more